税金対策に組み込める経費は、動機できまる

FXの税金対策の要は経費の総額です。
その総額はどうしたら押し上げられるのでしょうか。
FXの本、セミナー参加費用、その交通費等々を経費として加算できます。
まだまだ経費の項目はあります。
そして、意思を明確にするだけで経費自体も増えます
インターネットの利用代金や電話代といった通信費は経費として申告できます。
ただ自宅と共有し按分すると三割だけの経費となります。
これを増やすには、共有しなければいいのです。
「自宅でインターネットするときは全てFXのためです!」と言い切ってしまえば、全額経費です。
もちろん言い切れるだけの真実でなければなりません。
要するに、経費に入れられるかどうかは見た目ではなく動機です。
利益を上げるために使ったものは全て経費です。
私は、文房具や電気代といった如何にも経費といえるもの以外に、食事や旅行も入れていました。
人へのご馳走は利益を上げるためのネタ集めが目的ですし、旅行も慰安旅行です。
心配なら街の税理士に依頼することです。
最大限に税金を減らしてくれる方法を教えてくれます。