メリットの多いFXでもいくつかデメリットがあります

メリットが多いのでFXは人気が高いですが、デメリットもあります。
これを知って取引を行わなければ利益を得られないので、ここへ記しておきましょう。
ではまず、現在ではあまり多くなくなってはいるのですが、取引業者選びのリスク・デメリットがあります。
これは、我が国でFXの取引が始まった、1998年の話からになりますが、その頃は監督する省庁がありませんでした。
そのため、悪徳業者が存在したのです。
どういったものかというと、顧客が証拠金として口座へ入金してるお金の、保全管理ができてない取引業者がありました。
証拠金の保全管理がなされてなければ、その取引業者が破綻した場合、顧客へ証拠金の返還ができません。
こういった被害が続出したため、2005年の7月に金融庁が規制を始めました。
その結果、現在では大幅に被害を受ける人が減りましたが、今でも悪徳業者の生き残りがいます。
ですから、口座を開く場合は事前に、入念な調査をしなければなりません。
次に、相場がどちらへ動くか・急激に相場が変動するデメリットがあります。
一般的な取引をする場合、証拠金の数倍・数十倍のレバレッジをかけて取引をしますが、損失が大幅に出た場合不足金が出るケースが稀にあるのです。
その場合、証拠金の追加請求をされるケースがあります。
これを防ぐには、リスク管理をしなければなりません。
尚、リスク管理が巧くできれば、大きな損失・証拠金の追加請求を受けるリスクも、グッと小さくできます。



次ページへ »