FXには デメリットとなる部分もあります

FXのデメリットとして最初にあげられるのは、取引業者のリスクです。
この取引方式が始まった当初の話になりますが、1998年には監督省庁がありませんでした。
ですから、その当時には顧客が口座へ入金したお金・証拠金の保全管理がなされてなかったのです。
そのため、破綻した場合は証拠金の返還のできない業者が、いくつもありました。
これは、金融庁が2005年に規制を始めたので、大幅にそういった業者は減ってます。
ところが、現在でもまだ少数ですが、返還できない業者があるのです。
だから、口座を開設する時には、充分調べてから行わなければなりません。
次に、相場変動が大きかったりするので、大きな利益を出せることもありますが、損失を出してしまうリスクがあるという点でしょう。
資金の何倍もの投資・取引をしますから、損失が資金を超えてしまう場合もあるのです。
その際は、資金・証拠金を請求される場合があります。
ですが、事前にリスク管理をしっかりと行っていれば、このリスクは回避できる可能性の高いものなのです。
FXではこのリスク管理がとても重要で、管理できれば少ない資金で、多額の利益を生み出すことができます。
判り易くいえば、無謀なことをしさえしなければ、想定外の大きな損失を出す可能性は低いといえるのです。
また、取引を始める前に充分な知識を得ることが重要で、きちんと学ぶことがリスク管理にもなります。
そして、取引の仲介をする業者との相性・業者の提供するツールもいろいろなので、口座を作る前に調べることも重要です。


« 前ページへ次ページへ »