FXのデメリットについて思う

FXの個人への規制は、破たんする個人投資家が多かったから始まったと思いますが、勝負するのにレバレッジ25では、参加しづらいところです。
貧乏な人が一発勝負できる夢の扉がFXでしたから、何十万円もの証拠金を積まねば大きな勝負に参加ができないという門戸が狭いところは以前を知る者にとってはデメリットです。
税金も2割かかるというのはデメリットです。
たとえば100万円損したときには100万失うのに、100万得したときには税金で2割とられて手元には80万しか残らないというのもFXをやる上で常に意識しないといけないルールです。
証拠金の額も今みたいに円安になってしまえば、負担になってくるのがデメリットです。
つまり1ユーロ96円のときには少ない証拠金でポジションがとれたのに1ユーロ127円の時には証拠金が増えるというのも、参加する上ではデメリットです。
もう少し証拠金は安くなってくれないと参加しづらいところです。
スワップポイントもなぜその値になるのか情報を教えてくれないのもデメリットです。
スワップも変動が大きくプラスになったりマイナスになったりしています。
値が変わる理由がわからずびっくりすることもあります。